家庭の太陽光発電システム 設置がお得なのはいつなのか?…今でしょ!!

◆住宅に太陽光発電システムを導入するタイミングはまさに今!

政権交代が行なわれて経済回復中心の政策が進められています。いわゆるアベノミクスでデフレ脱却が成功するかどうかを判断するには、いましばらくの時間が必要のようですが、株価は上昇、円が下がる動きが見えてきました。円安は輸出産業にはプラスですが、エネルギー資源を輸入に頼る日本にとっては諸刃の剣。早速ガソリンや灯油の価格が上昇しています。

ほとんどの原発がストップしている現在、エネルギー輸入価格の上昇は当然電力料金に跳ね返ってきます。家庭に太陽光発電システムを導入して自宅消費分の電力を自分でまかない、余剰電力を電力会社に売電して光熱費の高騰に備えたいと考える人も多いようです。

国も再生可能エネルギーのシェアを増やすため、太陽光発電電力の固定買取制度や補助金などの制度を導入して普及を後押ししていますから、太陽光発電設置の申請件数が急増中です。

また変換効率の高い太陽光パネルが次々と開発・発売され、量産によって価格が低下してきているのも重要なポイントですね。
     ↓
太陽光発電 東芝 SPR-250NE-WHT-J 6.00kw
変換効率世界トップレベルの250W太陽電池モジュール 東芝 SPR-250NE-WHT-J 6.00kw


◆年度が変わると固定買取価格が値下がりするかも!

2012年7月に施行された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の一般家庭(10kWh未満)余剰電力の買い取り価格は、10年固定で42円/kWhですが、2013年度からは 37〜38円/kWhに下がる見通しがされており、買取価格の高い12年度中に認定を受けようとする人で申請ラッシュが生じているとか(→ 毎日新聞)。

住宅用太陽光発電システムの普及につれ、今後も固定買取価格は順次下がって行くと予想されることから、太陽光発電の導入は早ければ早いほど減価償却もすみやかに進むと思われます。


◆太陽光発電設置のシミュレーションはネットの無料見積もりサイトから!

住宅用太陽光発電システムを導入するにあたって、悩ましいのがパネルメーカーや施工業者選びです。設置する住宅の屋根の形状や日照環境、必要なパネルの枚数や出力、設置コストや償却期間など、素人の手に余る事柄ばかり。まずはインターネットの無料見積比較サイトを利用して、基礎知識を得ることから始めましょう。


◆太陽光発電システム導入の相談・無料見積比較サイト例
      
【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!
太陽光発電一括見積り.com
太陽光発電の価格比較は【太陽光発電システム見積比較.com】
太陽光比較サイト☆エコエコ

太陽光発電システムは、まだまだ高額な買い物ではありますが、導入のタイミングを迷っているなら、買取価格が高く補助金制度もある、まさに今、決断するのが結果的におトクになるのではないでしょうか。


太陽光発電

(※記事内容は見込み予想です。あらかじめご了承ください)

人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 07:03 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。