社用携帯電話の見直しMNPで通信費を削減(ソフトバンク編)

◆社用携帯電話の契約プランを再検討して通信コストを削減

img_smaho.jpg携帯電話やスマートフォンの爆発的な普及にともなって、社用携帯電話の契約プランもどんどん変化してきています。すでに法人携帯契約をおこなっている企業も、以前の契約プランのまま放置していると、無駄な通信費を支払うことになっているかもしれません。

また、スマートフォンの普及と多機能化が進み、インフラもずいぶん進化してきています。業態によっては、スマートフォンとグループウェアの機能を業務に有効利用することで、大幅な営業効率の改善に繋がる場合も多いようです。

社用携帯電話(法人携帯)の契約プランを最新のものに見直すことにより、企業の業務形態に最適化させるとともに、通信コストを大幅に削減できる可能性があります。
      
◯詳細は→ SoftBank法人携帯で、経費削減


◆ソフトバンクモバイルの法人向け携帯プランに乗り換えると…

img_phone.jpg移動体通信各キャリアの正規代理店が開催している、法人向け携帯乗り換え(MNP)キャンペーンを利用すると、代理店独自の特別サービスが受けられるので非常に有利な条件で、社用携帯のシステムを整備することができます。

キャリアを乗り換える時には違約金が発生する仕組みになっているのですが、ナンバーポータビリティ(現在使用中の電話番号を引き継ぐサービス)にかかる手数料や解約料・違約金を負担(相殺)するキャンペーンもあります。

通話やデータ通信による通信費のコスト削減ばかりでなく、1台あたり最大40000円もの現金キャッシュバックが得られる特典もありますから、社員数の多い企業なら一度検討されることを強くおすすめします。


◆SoftBankの法人携帯ナンバーポータビリティキャンペーン

上記に紹介した法人携帯MNPキャンペーンは、法人のりかえ.JP 限定プランの一例です。台数1台からの法人契約が可能で、3台以上から大口割引の特典があります。さらに台数が増えると大幅なキャッシュバック増額に対応。新規加入プランもあり、契約すると導入後も半年置きにプラン診断と最適化の提案が受けられます。手続きも訪問不要で、インターネットのキャンペーンサイトから問い合わせや申し込みが可能です。企業の通信費削減と業務効率アップに、一度ご検討をおすすめします。

◯申し込み・問い合わせは→ 法人のりかえ.jp(SoftBank法人携帯)




人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 14:28 | 会社の経費削減方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。