住宅用太陽光発電システムを金銭負担無しで設置

◆住宅ローンの借り換え金利差を太陽光発電システム費用にあてる方法

img_panel7.jpg原発事故の影響による電力供給の不安定な状況が続き、脱原発やCo2排出量削減の動きから自然エネルギーである太陽光発電に注目が集まっています。国や自治体の補助金制度の充実や発電余剰電力の買取制度などにより、太陽光発電システムを導入する住宅が増えてきていますが、家庭で導入するにはまだまだ高価格なシステムなのも事実です。

住宅用太陽光発電システム設置の経済的負担を抑える方法として、住宅ローンを借り換えて、浮いた支払額をソーラーシステム導入にあてるという方法が注目されています。一定の条件が満たされれば、高額な太陽光発電システムが経済的負担なしに設置できるこの方法、太陽光発電のすみやかな普及に一役買ってくれそうです。

◯導入シミュレーション例→ 住宅ローン乗り換えで太陽光発電を0円導入


◆不況・低金利の今だからこそソーラーシステム0円導入のチャンス

実は太陽光発電システムやオール電化機器は住宅の一部として住宅ローンでの購入が可能なのです。現在支払っている住宅ローンの金利が1.475%以上で、返済が10年以上残っている場合なら、優待金利が適応された現在の低金利住宅ローンに乗り換えることにより、浮いてくる支払差額で太陽光発電システムを購入、これを国や自治体の補助金制度と組み合わせることにより、新たな負担0円でソーラーシステムの導入が可能になる場合があるのです。

一例として、280万円のソーラーシステムを購入するとき、3.8%の通常ローンと0.975%の住宅ローンを比較すると、15年払いで約66万円も支払い総額に差が生じてきます。「太陽光発電を導入したいけれど、現在の住宅ローン支払いで家計に余裕がない」とあきらめているご家庭でも、住宅ローンの借り換えをすれば導入が可能になる場合も。興味のある方は、住宅ローン借り換え導入のシミュレーションやサポートサービスを行なっている専門業者がありますから、問い合わせてみると良いでしょう。

◯詳細・お問い合わせは→ ソーラーパネル無料導入 0円太陽光発電



(※記載の内容は変更される場合があります)

スポンサーリンク




人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 09:29 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。