太陽光発電住宅って停電すると使えないの?

◆震災と原発事故による電力供給不足で太陽光発電が注目されています

img_solar1.jpg東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故の影響で、電力会社からの電力の供給が不安定になっています。一時行なわれた計画停電により、都市機能や産業活動が混乱したことや、原子力発電所の安全性が脆弱なことが明らかになり、今後は再生可能な自然エネルギーへの速やかな転換が求められることは間違いなさそうです。家庭においても節電が求められ、また夏季の冷房需要が増大するとふたたび計画停電が行なわれる可能性も高いようです。

そこで注目されているのが、自前で発電できる住宅用太陽光発電システムの設置ですが、停電時にさっと自前の電力に切り替えられるかというと、現在のシステムにはいくつか制約があり、使用には注意が必要なようです。

太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?


◆停電時に太陽光発電システムを使うときの注意点と制約

家庭用のソーラシステムを自宅に設置していれば、計画停電や輪番停電が実施されても、昼間で太陽が出ている時間帯であれば自分で電気を賄えるので安心できますが、現在の太陽光発電システムは常に安定した電力が保証されるわけではないので、パソコンなど、電源落ちするとデータが破損するような電気機器は使用に注意が必要です。

現在の住宅用ソーラーシステムは電力会社との系統連系により自動的に供給と売電が行なわれるしくみになっています。停電するとこの連系が切れるとともに、直流電流を交流100Vに変換しているパワーコンディショナー(パワコン)も停止してしまいますから、メーカーや製品によって仕様が異なりますが、一般的にはそのままでは停電時に自家発電した電力が使えません。





◆停電時はパワーコンディショナーの設定を自立運転に切り替える

停電した場合に自家発電した電気を使用したいときには、パワコンの設定を、系統連系から自立運転に切り替えて使用します。ただしこの場合は通常のコンセントは使えないので、パワコンの近くに設置されている非常用コンセントだけしか使えなくなります。

この非常用コンセント(オプション設置)から供給される電力は上限が1500Wなので、それ以下の電気機器しか使えません。ですから使用する機器の容量を計算して使用する必要があります。

停電時のことを考えるなら、住宅用太陽光発電システムのほかに 家庭用のポータブル電源や、非常用バッテリーセットなどの、充電して蓄電できる装置を備えておいたほうが安心・確実です。非常用コンセントからこれらの蓄電池に充電をしてから、安定した電力で機器を動かしたほうがトラブルは少ないでしょう。

今回の大震災と原発事故による停電で、このような緊急時における住宅用太陽光発電システムの自立運転への切り替えトラブルなど、実際の使用には問題があることが明らかになりました。この教訓から、今後はパワーコンディショナーなどに改良が加えられて、停電時にも使いやすいシステムが開発されると思われます。

マンションのベランダでできる太陽光発電!



人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 05:10 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電システムの導入は代理店選びが最重要

◆太陽光発電システム設置は各ソーラーパネルメーカーの代理店に依頼する

img_panel5.jpg住宅用太陽光発電システムを導入するとき、大手ソーラーシステムメーカーのカタログの製品スペックから検討しがちですが、実際のところ、製品カタログに目を通して太陽光パネルの発電効率やパワーコンディショナーの機能などを比較してみても、実際に必要な費用や減価償却の期間など、重要なことは素人にはよくわからないと思います。

太陽光発電システムは、製造・販売している各メーカーの設置施工を請け負っている代理店から購入することになります。設置する住戸の環境条件や予算などを代理店に提示し、最適な太陽光発電システムの提案と見積りをしてもらい、説明を受けたのちに詳細を詰めて決定する流れになります。


◆ソーラーシステム導入は優良な代理店を選ぶことがまず重要

太陽光発電システムは200万円前後の費用がかかる大きな買い物になりますが、消費者への具体的な情報が少ない商品なので、製品の詳しい説明、丁寧な施工、メンテナンスやアフターサービスなどに信頼のおける、ノウハウが豊富で優良な販売代理店を選択することが大変重要になります。

価格は安くても、トラブルの多い訪問販売業者もなかにはありますから、複数の代理店と商談をし、比較・検討して慎重に決定することが大切です。




◆ネットの太陽光発電システム比較サイト利用で複数業者から選ぶのが安心

最近ではインターネット上のウェブサイトで、複数業者への見積を匿名依頼してくれる無料のサービスがさかんに開催されていますから、希望条件をフォームから送信し、得られた提案書や図面を比較しながら、信用のおける業者を選択するのが良いでしょう。

見積書や提案書、図面などを検討して依頼する代理店を絞れれば、おのずと発注に最適なソーラーパネルメーカーが見えてきます。国や自治体から出る導入補助金の申請を代行してくれる代理店も多いですから、提案書の補助金に関する項目も忘れずにチェックするようにしましょう。




◆代表的な太陽光発電システム比較サイト

《全国対応》太陽光発電無料一括見積り〜他サイトより高けれはご一報を(タイナビ)
ソーラーシステム販売業者最大5社の見積を一括で!(太陽光発電一括見積り.com)
施工会社数社に匿名で無料一括見積もり依頼(太陽光発電システム見積比較.com)


人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 18:59 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンパクトな太陽光モジュール パナソニック多結晶154シリーズ新登場!

◆パナソニック電工の太陽光発電システム 多結晶154シリーズ

img_pana.jpgパナソニック電工が発売した、パナソニック住宅用太陽光発電システム 多結晶154シリーズは、太陽光モジュールのサイズを従来より約20%小さくした住宅用太陽光発電システムです。

多結晶154シリーズは太陽光パネルモジュールのサイズを小さくすることで、日本家屋に多い寄せ棟形状の屋根にも効率よくパネルを設置することが可能になり、限られた屋根のスペースでも高い発電量が得られるようになっています。


◆多結晶154シリーズの単価は従来品にくらべて約12%も低価格化

パナソニック住宅用太陽光発電システム 多結晶154シリーズは、素材に多結晶セルを採用して低価格化を実現しています。多結晶154シリーズ(VBH10154T)の太陽光モジュール1枚当たりの価格を最大出力で割った1W当たりの単価(W単価)は571円で、価格も1枚当たり92400円(税込・工事費別)。パナ電工従来品の183シリーズと比較して約12%もの低価格が実現されています。

多結晶154シリーズは従来品にくらべて1枚あたりの発電量は小さいものの、コンパクトなサイズを活かして設置枚数を増やすことができるため、トータルでは約16%も高い設置容量を得ることが可能です。VBH10154Tの公称最大出力は154W、モジュール変換効率は13.5%です。

マンションのベランダでできる太陽光発電!


◆太陽光モジュールの小型化と横桟工法の採用で積雪1.5mにも対応

ソーラーパネル設置で重要なのは強度です。多結晶154シリーズでは、太陽光モジュールのコンパクト化と独自の横桟工法を採用。多雪地域向けの高強度架台を設置することで、耐積雪荷重1.5mまで対応しています。日本の家の形状に適した、コンパクト性と高いコストパフォーマンスのソーラーシステムの登場で、太陽光発電住宅がまたひとつ身近なものになってきましたね。

製品についての詳細や設置費用の見積は、住宅用太陽光発電システム販売・施工業者サイトでお問い合わせください。
    ↓     
施工会社数社に無料一括見積が可能

スポンサーリンク



人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 00:07 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。