京セラ エコノルーツ typeU 縦横自在置きでで割安設置

◆京セラの太陽光パネル エコノルーツ タイプUが新登場!

img_panel3.jpgソーラーパネルの普及に伴って新製品の開発も急進中。変換効率や耐久性の向上も進んでいます。京セラが新発売する太陽光パネル エコノルーツ タイプU(ECONOROOTS typeU KJ186P-3CUCA)は、屋根に取り付けるために必要な専用架台をなくし、金具だけで設置する仕様のラックレス方式を採用。設置のための部材や施工費用を削減したソーラーパネルです(写真は従来品のエコノルーツ タイプR)。

エコノルーツ タイプUの太陽電池パネルのサイズは、約1330mm×990mm。パネル1枚あたり4ヵ所の金具で屋根に固定することと、太陽光パネル外枠の強度を2倍に高めることで、架台を不要にしています。


◆エコノルーツ タイプUはパネルを縦横自在に設置可能で省スペースを実現

エコノルーツ タイプUの特徴はもうひとつあります。それはソーラーパネルを縦、横いずれの方向にも設置できること。一方向にしか設置できなかった従来品に比較して、屋根のスペースに合わせたムダのない設置が可能になりました。屋根の形状によっては最大50%も枚数を増やせるので、発電量も多く見込めるようになります。
     ↓
太陽光発電システムの価格比較はこちら


◆省スペース効果でソーラーパネルの設置費用が10〜20万円割安に

京セラ エコノルーツ タイプUは、スレート瓦の屋根専用の太陽光パネルで、上記のような特徴を持つ結果、パネル一枚の価格は従来品と同じですが、架台に必要な部材などが4割程度で済むことや、加工の行程を減らすことで施工費用は10万円以上割安に設置できます。

また、縦横自在で屋根にムダなく敷き詰められることで発電容量も増やせます。このように、京セラ エコノルーツ タイプUは、コストパフォーマンスの高い太陽光発電パネルになっています。ソーラーパネル選びの選択肢がひとつ増えました。発売予定日は1月20日。詳細は太陽光発電システム販売・施工業者にお問い合わせください。
     ↓
太陽光発電の設置価格を見積り比較!


スポンサーリンク


人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 21:16 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーパネルや太陽光発電システムの寿命は?

◆ソーラーパネル自体の耐久年数はおよそ20年

img_panel2.jpg太陽光発電システムを住戸に設置して、自家発電する家庭が増えてきました。最近は変換効率のすぐれた太陽光パネルが開発されたり、電力会社への売電価格がアップされたりしているほか、国や自治体の補助金制度なども利用できるので、以前よりは購入しやすくなりましたが、それでも200〜300万円はかかる高価な買い物です。

またソーラーパネルを一度屋根に設置してしまうと、そう簡単に取り替えたりするわけにもいきませんから、設置には十分な計画性と減価償却の試算が必要です。ソーラーパネルの耐久年数はおよそ20年程度といわれています。日本では太陽電池の法定耐用年数は17年に定められているのですが、海外のメーカーは20〜25年の保証期間を設定しており、国産メーカーの太陽光パネルも海外向けは20年の発電保証がされています。


◆ソーラーパネルと太陽光発電システム全体の耐用年数が問題

屋根に設置するソーラーパネルには20年くらいの耐久性があるのですが、太陽光発電システム全体の寿命となると少し変わってきますので注意が必要なのです。発電した電力を制御するパワーコンディショナーなどのシステム部材は耐久年数が10〜15年とされていますので、パネルの寿命が来る前に修理や交換が必要になる可能性があることを知っておきましょう。

もっとも、パワーコンディショナーはソーラーパネルほど高価なものではありませんし、今後の太陽光発電システムの開発と普及が進めば、高性能・低価格の製品が登場しているはずですので、その時点での価格と性能を比較して再検討すべきでしょう。

マンションのベランダでできる太陽光発電!



◆太陽光発電システムを長く使うには丁寧な施工とメンテナンスが重要

どんなシステムでも長く使用するためには、丁寧な施工とこまめなメンテナンスが必要になってきます。ソーラーパネルやシステムの設備は自然環境にさらされる屋根や戸外に設置されるものなので、機器にとっての条件はきびしいです。設置の際には信頼できる施工業者を選び、メンテナンスのサービスが充実していることを確認しておくことが大切です。

高価な太陽光発電システムですが、現状では20年程度の寿命が保証されています。その間に引越しなどがある場合の移設は可能ですが、かなりの費用がかかりますので、移転はできるだけ避けるような計画が必要です。

太陽光発電システムを長く使うには、導入・設置の際に信頼と実績のある業者を選択して施工やメンテナンスを依頼することが重要で、単に価格が安いだけでの選択は禁物です。ウェブサイトには下記リンクのような複数業者への見積りを無料で依頼してくれるサービスがあり、太陽光発電システムに関する質問にも答えてくれます。そのようなサービスを上手に利用し、比較検討して業者を選ぶのが安心です。
      ↓↓↓
地域に密着した施工会社をご紹介!【太陽光発電システム見積比較.com】





人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 19:39 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーパネル設置 何からはじめればいい?

◆太陽光発電システムの導入はネットの無料サービスで基礎知識を得る

img_panel.jpgソーラーパネルを住宅の屋根に設置して家庭で使う電力をまかない、余剰電力を電力会社に売電して収入を得る太陽光発電システム。環境や省エネに対する意識の高まりとともに、設置する住宅が増えてきました。

メーカーの開発によりソーラーパネルの変換効率も向上し、価格もかなりこなれてはきましたが、まだまだ高価な買い物には違いありません。一度設置すればそう簡単に取り替えるわけにもいきませんし、導入を検討する場合には専門的な知識も必要になってきますから、個人で調べて結論を出すのはかなり困難なシステムと言えます。

太陽光発電システムの導入を検討する時、手始めにインターネット上に開設されている、太陽光発電システムの無料一括見積もりサービスを利用するのが便利です。太陽光発電システムの基礎的な疑問があれば、無料電話相談に応じてくれる業者もありますから有効に利用し、複数業者からの見積もりを比較しながら知識を深め、決定するのがおすすめです。




◆ソーラーシステムの無料一括見積もりサービス業者

太陽光発電システムを設置する住宅の屋根の形状や面積、また住戸のある地方の気候などの環境により、設置に最適なソーラーシステムは変わってきますし、システムの価格や変換効率、減価償却年数もさまざまです。

ウェブサイトに開設されている太陽光発電システムの無料一括見積もりサービスも、できるだけ設置する住戸に近いエリアの業者を選ぶようにしたいもの。下記に代表的な太陽光発電システムの無料一括見積もりサイトを紹介しておきますので、まずは問い合わせて設置条件に適するサービスを選択するといいでしょう。

◯太陽光発電システムの相場や地域の補助金情報もわかる
 最大5社からの無料見積もり比較→ 太陽光発電一括見積り.com

◯全国対応の太陽光発電無料一括見積り
 他サイトより高けれはご一報ください→ 太陽光発電の全国優良業者、見積比較

◯太陽光発電システム導入支援キャンペーン実施中
 地域に密着した施行会社を紹介→ 太陽光発電システム見積比較.com




人気ブログランキングへ
posted by ecotan at 04:24 | 太陽光発電住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。